梁山泊空手道連合・総帥 富樫宜弘(履 歴)
RYOZANPAKU KARATEDO UNION
Chairman ・Yoshihiro Togashi

空手が身を守ることを第1義とすれば、病気から身を守ることも護身である。

梁山泊空手道連合 総帥 富樫宜弘 (武蔵 天心象水流拳法代宗家)

著者年表
昭和29219日 山形県で生まれ。
昭和44年 十五歳、空手を始める。
昭和45年 十六歳、キックボクシングジムの名門目黒ジム(.藤本ジム)入門。
昭和4812月 十九歳、沖縄に渡り、沖縄拳法空手道を喜納敏光・師範の元で修行。
昭和548月 二十五歳、単身東南アジアを回り、スリランカ/チュンナカム警察署において空手デモンストレーション。
昭和58二十九歳、日本空手道無門会・練馬支部開設・練馬支部長となる。
昭和603月 日本空手道無門会脱退。

昭和605月 三十一歳、梁山泊空手道連合・創設

以後、東京練馬を拠点に『横浜市鶴見、東京・国立、千葉・大多喜、東京練馬・光が丘、東京・国分寺』に支部を設立。「眞のヒトと成る為の生き方を提唱」武道の体験を通じた青少年育成教育を推進。眞の活き方を指導、また、挑戦者の立場で弟子を数々の空手大会に参加させ入賞させる。

平成 5年 警視庁少年補導員を委嘱される、街頭補導や武道体験教育による青少年の育成等で非行防止に協力。


平成12
眞の日本武道を継承する団体として、眞日本武道空手道連盟・KARATE KID'S JAPANを、藤原道場、尚道館,黒川道 場と共に設立し連盟名誉会長には、俳優・武道家の藤岡弘、氏を招聘。競技空手ではなく、眞の日本武道を後継者へ伝えるべく、空手、古流武術・拳法の継承を組織的に活動


平成14 4月 眞日本武道空手道連盟・第1回連盟会議開催、以後毎年開催

平成161月 五十歳、1300年の歴史を持つ、上野家家伝の天心古流拳法を日下開山武術府・正武天心古流拳法 岩城象水初代宗家に師事。岩城宗家は拳法家として、日本武術界で三代名人の一人と言われている。


平成1610月 正武天心古流拳法・師範状を授与。

平成20年12月 正武天心古流拳法・免許皆伝。
平成246月 東京都より青少年健全育成協力員を委嘱される。
平成254月 梁山泊空手道連合総本部を移転、421日新道場開設記念式典を行う。
平成275月 梁山泊空手道連合創立30周年大会を開催。
平成29年 7月 六十三歳、武蔵天心象水流拳法二代宗家を継承。


警視庁少年補導員委嘱式 山梨県早川町での講演
t総帥
富樫宜弘

(山形県出身)
1954年
昭和29年
2月19日生
山形県の富樫家の家系、勧進帳に出てくる、関守の富樫左衛門泰家の子・泰景が祖とされている。
元は、加賀の石川県の富樫藩であるが、
庄内地方に「富樫」が比較的多いことは前項でも紹介したが、富樫姓は、「勧進帳」の関守・富樫左衛門泰家が有名だ。そして、その子・泰景が鶴岡市(旧・温海町)砂谷(イサコダニ)に住み着き、出羽の富樫の祖となったといわれている。(多摩湖畔日誌より転載)」
富樫家戸主
高曾祖父
冨樫甚十郎(1700年代生)
(亡曾祖父甚十郎長男)
冨樫甚太郎 (1823年/文政6年9月14日生)
役 職 眞日本武道空手道連盟KARATE KID'S JAPAN
代表理事 「公認八段位」
沖縄拳法空手道協会・認定参段
武蔵天心流拳法・宗家師範(平成20年12月宗家となる)
警視庁委嘱・少年警察補導員(協助委員)(1993年4月から歴任中)
東京都青少年健全育成協力員(2012年6月13日から歴任中)
警視庁委嘱
少年警察補導員
(協助委員)

代表は、所轄警察や少年センターの街頭補導や空手の指導を通じて、地域社会の健全育成・非行防止に協力しています
好きな海外ドラマ lロー&オーダー(SUV)/ウオーキング・デッド
ブレイキング・バッド/LOST/ホームランド
Person of Interest/Sons of Anarchy
デクスター/Fringeフリンジ/クリミナルマインド
プリズン・ブレイク/24 Twenty Four/X ファイル

右・菅原一秀・衆議院議員と 左・塚本最高顧問 中央・中東問題研究所・宇野正美氏 右・北斗の拳の原作者武論尊氏と
中央下・岩城象水天心流宗家 右・サブミッションアーツレスリング
代表麻生秀孝氏と
中央・興和警備/西村社長と
中央下・奥田瑛二氏 田中秀勝区議会議員当選祝 右・高橋かずみ都議会議員
西山清孝区議会議員当選祝 関口区議会議員道場開きでの挨拶 笠原こうぞう区議会議員道場開きでの挨拶
(中央)片山参議院議員 2016年11月22日/菅原衆議院議員の会にて

1969年
1973年
格闘技歴
昭和44年・キックボクシング目黒ジム(現 藤本ジム)入会
昭和48年・沖縄拳法空手道・師範 喜納敏光氏の元で修行
(初段認可を受ける)
1983年
から
1985
昭和58年・無門会空手練馬支部開設・2年間支部活動を行う。

昭和60年・日本空手道無門会・脱退
(練馬支部は無門会に残った会員に移譲)
1985年 昭和60年5月/梁山泊空手道連合を設立
2004年 平成16年・正武天心古流拳法を 岩城象水老師の元で修行、師範状を授与される。
2008年 平成20年12月・岩城老師より免許皆伝許可、武蔵天心流拳法宗家となる。
昭和45年から(現無門会会長)の修行写真などを撮影。
奥多摩シオジクボ小屋での山籠り修行写真から普段の稽古までを無門会脱退時まで撮影記録する。(2万枚以上の写真を撮影)
個人的には、写真家を目指して報道写真家ユージンスミス氏を師事した。

1969年
昭和44年から47年

*16歳よりキックボクシングの名門 ・目黒ジムに入門。高校ではキックボクシング同好会活動を行う。

大成高校キックボクシング同好会
1973年
昭和48年から49年
2月
19歳の時、沖縄に渡り、喜納師範に拳法を学ぶ。昇段審査試合、初めて空手の黒帯を授与される
試合相手となった島袋選手
沖縄拳法空手道協会喜納敏光・会長
1974年 昭和49年9月から昭和51年2月 病気療養で1年半入院する。
1979年
昭和54年
7月〜8月 
単身東南アジアを回り、スリランカのチュンナカム警察署においてデモンストレーション。 シンガポールの友人達
下、スリランカ シンガポール警察学校 わざわざ、日本の曲を演奏してくれた警察学校・鼓笛隊の皆さん。


1983年昭和58年

無門会支部活動東京練馬に日本空手道無門会・練馬支部設立。支部長を務める。練馬支部・光が丘支部・杉並支部開設
1985年昭和60年
3月
日本空手道無門会脱退
1985年昭和60年 5月
無門会を退会していた岩瀬豊成/関美男らを誘い、東京・練馬に「梁山泊空手道連合」を創設。  東京・練馬を拠点に『横浜市鶴見/東京・国立/千葉・大多喜/練馬光が丘/ 東京・国分寺』に支部を設立。デスクワーク・パソコン・ゲーム等でストレス・運動不足の心と体を癒し、「眞のヒトと成る為の生き方を提唱」武道体験教育を推進。女性・キッズ・ビジネスマンに、眞の生き方を指導育成現在に至る。

左から 松下・玉造・富樫・岩瀬・関各指導者
1993年平成 5年
警視庁少年補導員(光が丘警察署)として、街頭補導や武道体験教育による青少年の育成等で非行防止に協力
1994年平成 6年 8月26日
京都プロレスラーのスティーブ・ウイリアムズとジョニー・エース達・塚本最高顧問のステーキハウスで
1995年平成 7年
NHKドラマ「ビジネスマン空手道」に主審判役で出演
主演の奥田氏と打ち上げにて 梁山泊総本部道場出演俳優の皆さんと記念写真
2002年平成14年 4月
眞日本武道空手道連盟・第1回連盟会議開催。北は、青森 南は、九州までの加盟団体参加 以後毎年開催
2003年平成15年 3月5日(水)
日本テレビ ニュースプラスワン特撮「北朝鮮人民軍格闘訓練」へのコメント放映
2004年平成16年 1月
「1300年の歴史を持つ、神道天心古流拳法。」拳法家として、武術界で三代名人と言われている岩城象水宗家に師事。天心象水流拳法・浅山一伝流体術・九鬼神流杖術を学ぶ。
2004年平成16年 10月17日
正武天心古流拳法・師範状を授与
2005年平成17年 5月14日
NHK教育テレビ「科学大好き土曜塾」出演。
 
2008年平成20年 12月7日
正武天心古流拳法岩城宗家に免許皆伝を通達される。
2009年
平成21年
2010年
平成22年
12月3日撮影/1月1日放送
テレビ朝日・正月特番「志村&所の戦うお正月」収録
梁山泊からは、カラテチャンピオンとして、上田直毅君小学6年生が出演
放送は、1月1日放映。志村&所の戦うお正月出演」


2011年
平成23年
1月19日
YOUテレビは横浜・川崎の臨海部都市エリアをカバーするケーブルテレビ。
取材体験レポート「はまって鶴見」横浜鶴見支部出演


2012年
平成24年
11月
第20回日本武道空手道選手権大会/第14回カラテキッズジャパンカップ

藤岡弘、名誉会長と富樫総帥

TOPページ