梁山泊空手道・指導者(師範/師範代)
Instructor
第一の哲学 技は武術 心は武道
(武の技は鋭く強く創り、道は人生の心を磨く指針とする)
第二の哲学 分け登る麓の道は多けれど、同じ高嶺の月を見る
(登る道は別でも、同じ頂上を目指す仲間意識を共有する)
第三の哲学 技術向上を追求する求道心を決して忘れないこと
(オンリーワンの空手技術)

明るく 楽しく 真剣に あきらめない心を養う。「継続は力なり」やればできるをモットーに指導しています。

空手・古武道の融合で世界初のステップワークトレーニングを開発
The step work training developed for the first time in the world⇒Ryozanpaku Karate

総帥 富樫宜弘
岩瀬豊成・六段 山中一英・五段 富樫龍一・参段 猿渡真・参段 相馬裕次・弐段 黒田武弘・初段
1985年梁山泊創設
梁山泊空手歴33年

2017年
武蔵天心象水流
二代宗家継承
1985年梁山泊創設
第1回迎撃杯優勝
第3回
日本武道空手道選手権
準優勝
梁山泊空手1990年入会
第4回
日本武道空手道選手権
準優勝
梁山泊空手歴33年
第5・6・7・8・9・10回
日本武道空手選手権
6連続優勝
2015.JAPAN International
SAW&IBJヘビー級チャンピオン
梁山泊空手歴1990年入会
第2・3・4・11・12
18・19・20・23回
日本武道空手選手権
優勝9回

2018、迎撃杯・準優勝
梁山泊空手歴15年
2017・迎撃杯優勝

2017・第25回
日本武道空手道選手権
準優勝

2017、迎撃杯・優勝
2018、迎撃杯・優勝
梁山泊空手2012年入会
第22回
日本武道空手道選手権
準優勝

2014、拳真祭
防具マスターズ優勝

2016、あしたのジョーを探せ首都圏大会
グローブ有級・優勝
武器術
ヌンチャク・サイ・トンファ・杖術
武器術
ヌンチャク・杖術
武器術
ヌンチャク・杖術
武器術
サイ・ヌンチャク・杖術
武器術
杖術
武器術
杖術
総帥・最高師範 最高師範
最高師範 師範/横浜支部長 総本部師範 総本部師範代 総本部指導員
中学生より稽古開始
梁山泊最高師範
無門会から総帥と行動を共にし梁山泊創設に尽力 1983年2歳より稽古開始 1990年8月15歳で入門 小学1年生で入会 40代後半入会
現在50代でフルトレーニング
武道武術歴
キックボクシング
目黒ジム
沖縄拳法空手道
喜納道場
日本空手道無門会
正武天心古流拳法
九鬼神流杖術
武道歴
伝統空手
無門会空手
武道歴
伝統系空手
過去のスポーツ/武道歴
無門会空手
講道館柔道弐段
中国拳法/気功
サッカー/水泳
卓球/バレーボール
ミニバスケット
過去のスポーツ/武道歴
バスケット
アイスホッケー
居合道
武道歴
梁山泊空手
武道歴
梁山泊空手
大成高校卒
八王子職業訓練校
テレビ技術科修了
一級建築士
国士舘大学
建築学科卒
農業/木材工場経営
公務員 練馬区石神井東中学校卒
東京都立北豊島工業高等学校卒
警備会社勤務
ドリフトレース出場
会社員
駒沢大学卒
警備会社勤務
営業管理職 イラストレーター

このホームページに掲載の文章・画像・写真・技術名称等を無断で転載・掲載・利用・使用・複製することは法律で禁じられています。ビデオ・Tシャツなどのロゴ・マーク・デザイン等、すべての著作権は梁山泊空手道連合に帰属。T シャツデザイン写真等は、三貴プロダクション・藤岡弘、様より許可を得て作成しております。著作権法違反は、懲役3年以下又は、300万円以下の罰金になります。当会の文章・画像映像写真の無断転載・掲載利用・複製・技術の無断使用、又 当会に対する中傷などが発覚した場合は、弁護士を通してご連絡させて頂きます。

連盟名誉会長
藤岡弘、
梁山泊空手道
名誉会長・菅原一秀
梁山泊空手道理事
田中秀勝
梁山泊空手道理事
柴田幸子

子どもたちは,こうして生き方を学びます
批判ばかり受けて育った子は.非難ばかりします
敵意にみちた中で育った子は.だれとでも戦います
ひやかしを受けて育った子は.はにかみ屋になります
ねたみを受けて育った子は.いつも悪いことをしているような気持ちになります
心が寛大な人の中で育った子は.がまん強くなります
はげましを受けて育った子は.自信を持ちます
ほめられる中で育った子は.いつも感謝することを知ります
公明正大な中で育った子は.正義心を持ちます
思いやりのある中で育った子は.信仰心を持ちます
人に認めてもらえる中で育った子は.自分を大事にします
仲間の愛の中で育った子は.世界に愛をみつけます
「アメリカ・インディアンの教え」 加藤諦三著 ニッポン放送出版 より引用

3才児からでも出来るカラテ

練習では、個人・集団、両方の練習システムで技術向上が計れ
社会人に成長した時に非常に役立ちます。


TOPページ